名刺管理で楽々業務術~支援サポート特集~

名刺

人件費削減

電話

融資などには固定電話が必要となってくる

企業を立ち上げた人の多くは、固定電話を不必要と考えている人も多いです。その理由は、スマホや携帯電話が身近にあるためです。また、固定電話を置いたとしても外に営業に出かける会社であれば不在が続いてしまうので、不必要と考えてしまいます。ですが、固定電話を設置していることで他の会社からの信用問題にもなります。また、銀行からの融資を行なう場合も固定電話の番号が必要となります。そのため、不在が多い会社が取り組んでいるのが、電話代行サービスになります。電話代行サービスとは、会社に不在の間に要件などを正確に聞いてくれるサービスになります。また、要件を聞いておいてくれるので、会社に不在の場合でも安心することができるでしょう。

電話代行サービスの利用方法

電話代行を行なっている会社には二つの呼び方があります。1つが電話代行ですが、あと1つが電話秘書になります。このサービスは昔からあったのですが、電話秘書を雇うには給料を払わなければなりませんでした。ですが、近年の電話代行サービスでは、月額の料金を設置することができます。そのため、電話秘書を雇うよりも経費を削減することができます。また、電話代行サービスでは、やり取りの内容を録音しています。その録音音声を依頼した人は聞くことができます。そのため、要件を漏らすことがなくなります。ですから、電話代行サービスの利用をする企業が増えてきたのです。